タグ: Millionaire

新しいリール

新しくリールを個人輸入で購入した。

DAIWA TD LUNA 253

サイドカップには純正でダイヤルが付いている。

これは、釣行時には本当に楽。

マグフォースZの調整が簡単に出来る。

糸巻量は、4.5号で180m。6号で135m。

実際は、5号150mで丁度。

TATULA 300との比較。

TD LUNA 253の方がコンパクト。糸巻量はほぼ同じ。

投擲で、TATULAは最後の伸びが無くて失速するけど、TD LUNAは伸びる。

そこはマグフォースとマグフォースZとの違いだろう。

ハンドルは船用のミリオネアのモノと交換してある。

で、ハンドルを購入したんだが、このナットが曲者だった。

はじめはこんなソケットを購入したが入らなかった。

標準のボルトの頭は6角だが、ダイワのは8角。

なので、こんなレンチも購入。。。

あえて、ミリオネアカゴ300のハンドルではなく、船用を選んだかというと、

グリップをその内に改造しようかと企んだから。

投げた感じは、持ってるミリオネア253と変わらない。

現在は、ミリオネア253が無くなって、250しか売ってない。

250は300と同じシンクロレベルワインドで、遠心ブレーキ無しなので使えない。

マグフォースZを使いたいから、個人輸入で購入した。

巻いてある糸は、いつもの東レ 銀鱗スーパーストロング ハイポジションフロート5号。

昨年秋10月初めに購入して、トラブル無く、飛びも良く、良いリールだと思う。

ハンドル製作

handle_recvx001

カゴを製作している傍ら、夜な~ハンドルを作ってみました。

私は、ハンドルにあまり頓着がなくて、現存する物を利用していました。

画像は、CV-X 300の純正ハンドルのグリップを改造した物です。

変えたのは、

純正は色がすぐに剥離する。

もう少し「力」が入る様にしたい。

などが大きなグリップにしたかった理由です。

構造は、握る部分は直径40mm。

改造は、

まず、純正のグリップの軸を取り去って、新たに軸を追加。

あとは、削り出しのグリップを装着。

handle_recvx002

handle_recvx003

かなり「力」が入ります。 :zee:

下の画像は、流用ではなく、すべて素材からの製作物です。

私的には、あまり良い出来ではありません。

handle_001

handle_002

材質は、プレートは、ジュラルミンA2017 t=3mmです。

出来れば、アルマイト処理したいですね。(その内に挑戦するかな。)

グリップはPOMの削り出しです。バランサーウェイトはSUSXM7です。

全長は、130mmです。(リール軸からグリップ軸まで60mm)

リール本体への取り付けのナット、プレート類は、ABUの流用です。

この部分も製作するつもりでしたが、妥協しました。 😥

回してみた感じは、あまりにも回転径が大きすぎて使いづらい。 🙁

次は、5mm小さくし、プレートのウェイト側の長さを詰めてみます。

夜な~やってるので、いつになるやら…

使用リール

MillionaireCV-X253_001

使用リールをUPしました。 :up: 道具より

これで、すべて復旧出来ました。

今後は、「仕掛け」を、新しくページを設けて、掲載したいと思います。

最近になって気付いたんですが、

ダイワのカタログから、船以外のミリオネアが無くなりました。

RYOGAに代わっていくのか、新しいのが出るのか。

それと、ダイワ精工の社名が「グローブライド」に変わる様です。

釣具部門は「Daiwa」のままらしい。

何か、新しい物が出ないかな~ 🙂

リールのメンテ

reelmente002

リールのメンテナンスは絶対に必要です。

画像は、赤丸部分のメッキが剥がれてしまっています。

釣行後に洗浄などのメンテナンスを忘れてしまい、

怠った為に、塩で固着し、なってしまいました。 😥

月に2~3度位の頻度で釣行する方は、こうはならないと思います。

私は、最近は、3か月に1度位の釣行なので、

忘れてしまうと、こんな状態になってしまいます。

で、部品交換です。


reelmente003

部品名:ウォームシールド ¥400 です。

安く上がりましたが、メンテナンスは必要です。

ブレーキブロック

ミリオネアのブレーキブロックを作ってみました。

右がノーマル、左が製作物。

これは、ミリオネアのブレーキが効き過ぎる為に、何とかしたくてやってみました。

製作はシリコンで型取って、エポキシ樹脂を流し込んで作りました。

効果はと言うと、ダメでした。結果ノーマルより効きました。

理由は、リールから取り出して見ると、熱で先端部が溶けてた為でした。

当たり前の話ですが、メーカーはしっかりと考えてやってるという事。

でも、諦めません。もっと、抵抗値の小さい、熱に強い素材を探して、また製作します。

今は、リールボディのブレーキリングにガッチリオイルを点けてます。

ダイワさん、チューニングパーツとして出してくれないかな~。

ABUはブレーキブロックの小さいのがあったりするのにな~。

また、作ってみよう。

追記:

先日、上記の事をダイワへ要望を出してみました。

以下、質問事項です。

「CV-Z・X 300の遠心ブレーキブロックを、もっと抵抗値の少ない素材で作って欲しい。」

「理由はブレーキが効き過ぎる為。」

それに付いての返信です。

>日ごろより、弊社商品をご愛顧頂き、誠に有難うございます。

>また、このたびは、ご連絡いただきましてまことにありがとうございます。

>Oba様のご意見につきましては、実釣をなされる方の貴重なご意見として

>当社関係部署に連絡させていただき、今後の製品開発の参考とさせて頂きますので、

>今後ともご意見、ご要望等ございましたらよろしくお願い申し上げます。

通り一遍な、お答えです。

こんな事はスルーでしょうね。!

リール改造

今回は、ミリオネアの改造をしました。

どうしても、糸巻き量を増量したかったので、

旧CV-Z250Fのスプールに自作インダクトローター装着。

インダクトローターはA5056 Φ20mmを旋削してロックタイト271で接着。

導電率の高いA6063 直径18mmでもう一つ製作してある。

何故かと言うと、

導電率の低いA5056でパーマを起こす様なら、交換の予定。

効きすぎる様なら、A5056のローター先端を短くカットするか、斜にする予定。

テストを行わないと分からないので、お楽しみ。