糸いろいろ

最近は、この「銀鱗スーパーストロング ハイポジションフロート」を主に使っている。

フロート糸は弱い!と言われていたが、この東レの糸は使える。

パーマしても切れない。

ただ、6号以上が無い。

せめて6号まではラインナップに欲しかった。

釣具業界はいつまで経っても磯はグレ・グレ・グレなので、それ以外には人的リソースを割かない。

まあ、釣具の会社が関西系なのも大きな要因だろう。

私は昔からハリスはトヨフロンを主に使っている。

だが、バス用に使われている↑このシーガー フロロマイスターというのが320mで1600円!だったので、

安さに負けて使ってみた。

道糸用に作られてる様で、しなやかさがメインに作られたのだろうか、張りが無い。

なのでカゴ釣りのハリスには向かないようだ。1投目から絡んでしまう。

この↑ゴーセンのフロート糸も使ってみた。

これは銀鱗SSハイポジションフロートと比べると弱い。

パーマすると切れる。なので却下。

ただ、スズキのルアー釣りでは剛戦Xを愛用している。

 

久しぶりに投稿してみた。

この投稿は、ひとつのレビューということを念頭に置いて下さい。

パラパラカゴ

パラパラカゴ

釣友に注文され2種類製作。

上カゴのロケットカゴ小には大きな開口部の物が無かったが、最近?出たようだ。

釣具問屋アマノの自社製品らしい。

だが、カゴには「UNNO」と入ってる。

OEMかな?

もう一つはロングタイプ。

こちらは以前から売っている。大きなエサ入れ開口部がある。

錘はこんな感じでIRと同じ。

下カゴ部分はABS樹脂からの削り出し。

内部は付け餌のエアスペースになっている。

ABS樹脂は海水よりも若干比重があるので、空気抜きの穴のみ。

市販品でも、こういうカゴを売ってるが、すぐに下カゴ部分が壊れる。

そこで工夫。

↑この写真の様に段差を付ける。

半球体の端部を落とした。

そうすると、下カゴがここで止まり、広がらないので壊れない。

市販のこの類の物は、こういう細かな加工をしていない。

以前、製作した物は、ハリススリットを入れたりしたが壊れるので止めた。

一番上の画像の物は29g。

下のロングは59g。IR10号とほぼ同じ。

餌の容量の関係で軽くした。

このパラパラカゴ、中々難しかった。

ロケットカゴを何個かダメにした。。。

久しぶりの投稿。