SUS錘 IRカゴ

以前、釣り仲間の鉄工場の社長から頂いたSUS錘でカゴを作った。

やはり重さは、籠釣工房のIRカゴで以前のバージョンの8号程度になった。

以前のバージョンでは、8号は50gが基本。

カゴは基本的に、海上で何号のウキで浮くのかで重さを表示してある。

IRカゴのプラ部分はABS樹脂。

ABS樹脂の比重は1.05で海水の比重は1.023。差引き0.027。

プラ部分の陸上での重さは22g前後。海の中だとウキへの負荷が約0.5g程度の換算。

なので、負荷はほぼ無いと言っていいから、錘の重さのみの表記になってる。

左:鋳造品。右:SUS304。

重さを重くしようとすると、錘の棒の部分がかなり長くなる。

SUS錘のIRカゴを作ろうかと思っていたが、下カゴの設計をやり直さないと無理だ。

う~~~む、、、

竿のリペアとリメイク

釣り仲間の磯竿をリペアとリメイクしました。

竿は、ダイワ 剛弓 紀州遠投 3-63T。

この竿は元々、ユーザーが自由にシート位置を動かせるように板シートで作ってあります。

↑ここが元の位置で、竿尻方向へ下げた後は、サラサラな仕上がりのウレタン塗装をした。

リールシートはあるモノを使った。

ソリッドブラックのウレタン塗装で仕上げた。クリアーは3層。

上下の飾りリングはネーバル黄銅で作った。

紀州遠投は竿尻のこの部分がラバーグリップチューブを巻いてある。

竿掛けがピトンを使ってるから、この部分に穴が開いていた。それを補修。

破損した物は取り去って、新たにグリップを接着固定(純正がそうなっている)して、

そのチューブの上下を純正同様にエポキシ樹脂で固定した。

ほぼ純正と同じ仕上がりになった。

この部分がいちばん手間暇が掛かった。

エポキシ樹脂は実用強度まで24時間掛かる。それを3層コートしているので最低3日。

完全乾燥は1週間。

今回は、なかなか大変だった。

タックルオフというロッドメイキングサービスの店があるが、今回の作業で工賃が安いと思った。

毎日やってるから腕も良いし、利用すべき。時間がかかるけど、、、

新しいリール

新しくリールを個人輸入で購入した。

DAIWA TD LUNA 253

サイドカップには純正でダイヤルが付いている。

これは、釣行時には本当に楽。

マグフォースZの調整が簡単に出来る。

糸巻量は、4.5号で180m。6号で135m。

実際は、5号150mで丁度。

TATULA 300との比較。

TD LUNA 253の方がコンパクト。糸巻量はほぼ同じ。

投擲で、TATULAは最後の伸びが無くて失速するけど、TD LUNAは伸びる。

そこはマグフォースとマグフォースZとの違いだろう。

ハンドルは船用のミリオネアのモノと交換してある。

で、ハンドルを購入したんだが、このナットが曲者だった。

はじめはこんなソケットを購入したが入らなかった。

標準のボルトの頭は6角だが、ダイワのは8角。

なので、こんなレンチも購入。。。

あえて、ミリオネアカゴ300のハンドルではなく、船用を選んだかというと、

グリップをその内に改造しようかと企んだから。

投げた感じは、持ってるミリオネア253と変わらない。

現在は、ミリオネア253が無くなって、250しか売ってない。

250は300と同じシンクロレベルワインドで、遠心ブレーキ無しなので使えない。

マグフォースZを使いたいから、個人輸入で購入した。

巻いてある糸は、いつもの東レ 銀鱗スーパーストロング ハイポジションフロート5号。

昨年秋10月初めに購入して、トラブル無く、飛びも良く、良いリールだと思う。