タグ: Daiwa

新しいリール

新しくリールを個人輸入で購入した。

DAIWA TD LUNA 253

サイドカップには純正でダイヤルが付いている。

これは、釣行時には本当に楽。

マグフォースZの調整が簡単に出来る。

糸巻量は、4.5号で180m。6号で135m。

実際は、5号150mで丁度。

TATULA 300との比較。

TD LUNA 253の方がコンパクト。糸巻量はほぼ同じ。

投擲で、TATULAは最後の伸びが無くて失速するけど、TD LUNAは伸びる。

そこはマグフォースとマグフォースZとの違いだろう。

ハンドルは船用のミリオネアのモノと交換してある。

で、ハンドルを購入したんだが、このナットが曲者だった。

はじめはこんなソケットを購入したが入らなかった。

標準のボルトの頭は6角だが、ダイワのは8角。

なので、こんなレンチも購入。。。

あえて、ミリオネアカゴ300のハンドルではなく、船用を選んだかというと、

グリップをその内に改造しようかと企んだから。

投げた感じは、持ってるミリオネア253と変わらない。

現在は、ミリオネア253が無くなって、250しか売ってない。

250は300と同じシンクロレベルワインドで、遠心ブレーキ無しなので使えない。

マグフォースZを使いたいから、個人輸入で購入した。

巻いてある糸は、いつもの東レ 銀鱗スーパーストロング ハイポジションフロート5号。

昨年秋10月初めに購入して、トラブル無く、飛びも良く、良いリールだと思う。

TATULA300

TATULA300

NEWリール導入

昨年のダイワの告知からソワソワしていました。

先々週末に「入ったよ~」と連絡を貰って、1週間後に購入出来ました。

ただの300を選んだ理由はギヤ比6.3だから。300XHはギヤ比8.1。

8.1では回収は速いが、魚が掛かった時に難しいだろう。

カツオなんかの強烈な青物じゃあ、巻くのが重いだろうし、

口の弱い系の魚では、口切れし易いだろう。

なので、ギヤ比6.3を選択。

Ambassadeurでは、このギヤ比6.3でハイスピードだから。

あと、情報として、このリールは、ナイロン5号を200m巻けました。

↓かなり目一杯、パンパン状態ですが、巻けることは巻けます。

TATULA300UP01

選んだ糸はコレ↓

フロートの5号200mだと、これしか選択肢が無かった。

Applaudカゴ遠投5号

近くのかめや釣具だと安いです。

でも、この糸、結構硬い。。。パーマし易いってことです。

上記に巻けることは巻けると書きましたが、200m巻くのはお勧めしません。

なぜか。。。

TATULA300糸巻量01

これだけしか隙間が無い。

普通はサムバーとの隙間の方が狭いが、TATULA300はここが狭い。(リールのフット部分

TATULA300ウキ止めゴム

道糸とのクリアランスは確保出来るが、ウキ止めゴムが当たる。

何度か投げてる内にウキ止めゴムがボロボロになった。

道糸が上の画像の様にゴムに乗っていたらアウト!即高切れ。

なので190m辺りで止めといた方が無難です。

剛弓紀州遠投とTATULA300

剛弓紀州遠投とTATULA300のセットで試し投げ。

横風爆風の中での試投だったので何とも言えない。

ということで、久しぶりの投稿。