タグ: 底撒きカゴ

新しいカゴ

新しいカゴを作った。

大きさは、径が34mm。長さは胴長がIRとほぼ同じにしてある。

下部はステンレス管の厚さを考慮して選択。

上部はイレクターを使用した。

以前に製作した物は、この部分は硬線で編んで作った。

地元の爺さまが、だいぶ前(10年位前)に見せてくれていたが、

その見せてもらった時には、接合部分に不安があるとかで、

イレクター部分にぐるっと細かな穴を開けて、

極細いステンレス線で編んで、縫い合わせる様に接合していた。

それでは手間だと思い、イレクターは使わずに、

昔ながらに網目を編み込んで作っていた。

で、今回は、何度か破壊テストをして、

強度面で大丈夫そうなので、お披露目してみた。

これは10号。大体、54g近辺で出来上がり。

こちらは12号。64g近辺で出来上がり。

この素材(ステンレスパイプ)を使用した場合、

これ以上の重さは、バランスが悪くなり、難しい。

重い場合は、横を向いて沈降する傾向が強くなる。

もっと重くするには厚みを増す必要があるようだ。

軽い場合は、餌の量が減ってしまうが、製作可能。

綺麗に出来上がった。

小さい底撒きカゴ

R0010854

黒鯛等の近場用に製作した、底撒きカゴです。

径は30mmです。

細く、柔らか目の2号位の磯竿を使用する計画で製作してあります。

内容量は約30cc、重さは28gです。しっかりと製作してあります。

R0010847

上部、網部分は市販品を利用。

この製作様式にすると、かなり簡単に出来ます。

そろそろ、鯛ののっ込みの時期です。