カテゴリー: 機械

切削工具

切削工具を購入した。

SUSの内径切削の精度確保のために。

これはスローアウェイバイトのチップ。

運良く型落ち品をゲット出来たので半額だった。

だが、ワークにカツッと当てればそれで終わり。

諸刃の剣的なアイテム。

で、これを使うためのホルダ。

これも、結構、高価。

機械加工の商売屋さんが使うのなら安い物だろうけど。

なかなか、小さい。

旋盤にセットしたところ。

今まで、ハイス鋼素材の物で削ってて、すぐ丸まってたから、

ちょっとは良くなるかも。

削り初め

2012年の製作スタートはステンレスの削りから。

パイプ材の長さの揃えと端面のフィニッシュや中繰りなど。

このステンレスの削りの作業、結構、怖い。

手の平、指など、あっちこっちに削り屑が刺さってる。

ルーペで見ないと分からない程、小さな屑の刺もある。

それが、たまらなく痛い。

以前、釣友の鉄工所の社長、旋盤作業を教えて頂いた方が、

工場の机の上にルーペと毛抜きが置いてあって、

「こんなもの、何に使うんですか?」と聞いたことがあった。

社長さんは、「今にわかるよ」と言ってたっけ。

金属加工を始めてやっと分かりました。必須です。 😯

フライス盤 DRO 完成

DROの続き。

表示部の出来上がった画像。

フライス盤の制御ボックスの傍に取り付けました。

稼働時に見る箇所が集中していた方が安全で確実です。

取り付け方法には色々と悩みました。

水道用のフレキシブルホースで取り付けようかとか、

パソコンモニタのアームを改造して取り付けようかとか、

この取り付け方は、結局簡単に、有る物でやろうと考えてです。

取付アームを下にするのは、当初より決めていたので、

配線の取り出し位置やスイッチ類を裏側にしました。

完成の全景です。

テーブルの奥側、バイスの先に黒い角パイプが見えます。

ノーマル状にという事でテーブルと同長で製作しました。

設置が気にならないと思います。

これで、フライス盤のDRO化は完成です。

フライス盤 DRO その6

DROの続き。

前方向から見た、Y軸スケール部の完成形です。

スケール自体を稼働させるようにしました。

よく分からない画像ですが。

XM-20は、テーブル前面に取付できず、

スケール単体での取り付けではないため、納めるのに苦労しました。

純正で付いていたジャバラの切り子カバーは使えず、

ゴムシートに変えました。

そのシートの畳まれる動きの制御が難しかった。

この画像の様に、上部へ盛り上がる状態にしたく、試行錯誤しました。

その7へ続く。

フライス盤 DRO その5

前回からの続き。

今回は頑張ってフライス盤へのDROの取付けを完成させた。

2~3回に分けてアップします。

赤矢印部分が改造した部位。

左側の矢印は、ただ削孔した箇所。

ここテーブル裏側には、前回製作したスケールユニットが付く。

このXM-20のテーブルは、前側には付けられない。

元から色々と付けてあったり、カミソリの調整ネジがあるため。

ここは右側の矢印部分。

Y軸の稼働距離に対して、コラムベースの長さが足りないため、

A6063でベースに合わせて削って製作し継ぎ足した。

X軸のテーブルの長さに合わせて、スケールユニットも製作した。

スケール表示部の取り付け。

Y軸部分の取り付け。

スケール表示部からの基盤をプラケースに収納した。

その6へ続く。

チャックアーバー

ユキワ精工のドリルチャックを購入したので、

チャックアーバーをモノタロウから購入しました。

モノはモノタロウ社製のチャックアーバーをあえて購入。

モノタロウ社製のチャックアーバーは、焼きが入ってないとのこと。

何故かと言うと、削孔してM10ネジのタップを立てたかったから。

そうなると、フライス盤(XM-20)で使用出来る様になるため。

だが、無理だった。 😥

最近販売している物は、焼き入れ済みだそう。カチンカチンです。

削孔は、何とか出来たが、ネジを切ることは不可能だった。

どうにかしようと、焼きなますことにした。

やっとのこと、なんとかネジも切れた。

手前のキャップボルトは旋盤の心押し台にて使うための工夫。

久しぶりの更新

Exif_JPEG_PICTURE

久しぶりの更新です。

今年の初め頃、ロータリーバンドソーを購入しました。

やっと、三種の神器が揃いました。

・旋盤 ・フライス ・バンドソー

Exif_JPEG_PICTURE

購入先のホームセンターでは、黄色い TN-100A を展示していたので、

てっきり、そちらが出てくると思っていたが…

 

ラッキー 😆

これから、手で「よっこらしょ」と切らなくて済む。

少し、調整をしないとダメなようなので、調整して使ってみよう。

 

道具→機械工具ページにも追加。

旋盤のメンテナンス2

R0010604

旋盤のメンテナンスと改良が完了しました。

飛散したグリスを拭って、新しくグリスを注しました。

R0010588

改良は、主軸のギヤを抜き取り、スリーブに回転計用の磁石を着け直した。

磁石は、ネオジウム磁石を購入。購入先は、⇒ NeoMag です。

商品の購入額より送料の方が高かった。

で、磁力が強くなった所為か、回転計がよく変化するようになった。

リールシートを製作しようと思ったが、メンテナンスで時間も無くなってしまい、

結局、富士工業製のを改造した。

改造出来た竿は、次に掲載。

旋盤のメンテナンス

R0010574

現在は、底撒きカゴを製作中なので、

旋盤を私的に使おうと、何を製作するかと考えた結果、

前々から計画していた、リールシートを製作する事にしました。

リールシートのフードスクリューを切るために、ギヤ交換しようと開けた所、

あちらこちらがグリスまみれになってました。

清掃ついでに、各部のメンテナンスをする事に。

R0010580

特に気になったのが、回転計用の磁石を付けてあるスリーブ。

この磁石を着けてある接着剤が汚い。画像は取り去った後。

それで、センサー部の方向とクリアランスを見ながら取り付けたが、

磁石が反応が出る物と出ない物がある。ひっくり返してみたが同じ。

ネオジウム磁石を購入し、交換する事にした。

しばらく、旋盤を動かせない状態です。

リールシートも途中。。。

工具導入

hitachi_bebicon001

新しい工具を導入しました。:lol:

オイルフリーのエアコンプレッサです。

以前、竿の改造の際に、従来から使用していたエアコンプレッサ、

オリンポス社のタフコンTC-65ですが、

やはり、絵画などを書く用途な為、ラメフレークを吹くにはキツイ。

繊細な表現にはすごく良いんですが、強い圧を使用する場合は物足りない。

なので、日立 ベビコン の小さいものを導入しました。

最大圧が0.59MPa、タンク付き、毎分25L。

オリンポスのは、0.3MPa、毎分10Lなので、オリンポスに比べて強力。

短所は、工業用なので作動音が大きい。当たり前なんですが。。。

オリンポスのは、夜中でも作業出来るくらい静かだった。

まだ、配管などやってない。。。