カテゴリー: 仕掛け

仕掛けのシステム化

釣行前の家でのセッティングは、こんな感じ。

このまま竿袋に入れて釣場へ向かいます。

作業と仕掛けをシンプル化するために、システム化してあります。

仕掛け(ウキ周りと連結部)は、こんな感じでセットしてある。

こことこの下の部分(カゴ周り)の内訳は以下の通り。

まずは天秤から。

天秤に着ける30cmのワイヤーを作ります。

【使用材料・工具詳細】

大洋ベンダーズ ワイロン#37s L=35cm

ヤマシタ LPダルマクリップ サイズS x2個

NTスイベル NTパワースイベル サイズ4 x1個

・熱収縮チューブ Φ2.0=20mmx2本。Φ3.0=25mmx1本・40mmx1本。

YO-ZURI ヨーズリ パワーアッププレッサー (工具)

まずは輪っかを作ります。概ねL=25mm。

反対側をスイベルを入れてカシメます。

カシメるのに使う長さは9mm。

カシメの出来上がりはこんな感じ。

Φ2.0=20mmx2本の熱収縮チューブをカシメる前に入れておくのを忘れない。

後からでは細くて入らない。

概ね、30cmに仕上がった。スリーブの部分をΦ2.0の熱収縮チューブで覆う。

私の場合、ウキの長さは25cmに統一して作ってある。だから30cmで良い。

今度はこれを天秤に着ける。

こんな風に通す。

Φ3.0=40mmの熱収縮チューブで固定。

上部はこんな風にスイベルごと熱収縮チューブΦ3.0=25mmで留める。

釣場では、ワイヤーのNTパワースイベルに、家でセットした2リングBBパワーを連結するだけ。

NTスイベル 2リングBBパワー サイズ3を使用。強度67kg。

連結はオーバルリング。確認したら、今は商品自体がない。

多分、スミス(SMITH LTD)だったと思うが、現在販売されている物は小さい。

このリングのサイズは、長さ10.8mm、幅5.5mm、線径0.9mm。

近い物は、スタジオオーシャンマークのオーシャンスナップ#3。引張強度25kg。

↑左:オーシャンスナップ。右:オーバルリング(従来品)

長さは11mm、幅6mm、線径0.9mmでほぼ同じサイズ。

このサイズにこだわるのは、中空パイプ(熱収縮チューブ)のサイズに合わせて。

この中空パイプも色んなサイズで試して、このサイズで落ち着いた。

それで、Φ6.0=60mmで作った熱収縮チューブ(中空パイプ)を被せる。

このチューブは、抵抗の減少と連結部分の暴れを抑えて、尚且つ、回転するように空洞化させている。

上部を3mmの心棒を入れて縮めて、下部は4.5mmの心棒を入れて縮める。

すると、上部は3mm穴のゴム管が出来る。

投げる前に竿を立てた時、ウキ遊動環が当たってもセラミックリングが割れない。

下部はNTパワースイベルが丁度外れない穴径4.5mmの部分が出来て回転は邪魔せずに外れない。

長さは、上部は6mm。下部は8mm。

↑左がウキ側。右がカゴ側。

熱は加えない。空洞化したまま使用する。着水時にズレ上がったりはしない。

左から、ヨーズリのスーパーシモリ玉S、ウキ遊動環のみ。

これで沈降速度が速くなる。無駄な抵抗も減る。無駄な動きも減る。

シモリ玉は、以前はキングシモリ玉を使っていたが、穴の処理が酷かったので止めました。

プラ系のシモリ玉だとトップガイドに当たっても安心だし、ウキ遊動環に当たっても安心。

↑これは、天秤とカゴの連結部分。

シリコンチューブを被せてあるだけ。

これで外れない。今まで外れたことはない。これは釣り仲間Aさんのアイディア。

以前はバネを入れてたが、不要だった。

↑仕掛け全体。

カゴにワイヤー付き天秤を着けっぱなしにする。これで1セット。外さない。

ついでにクッションゴムも取り付けてある。

天秤はストレートのままでは使わない。弓型にする。

ハヤブサやささめの撚り糸を使ったこともあるが、張りがなくなるのが早かった。

適度な張りがないと絡みやすい。

これで、釣場では1ヶ所連結して、ウキを付けて、針、ハリスを結ぶだけになる。

からまん棒は要らない。

現場では、どうしても気がはやるから、なるべく簡素化するのが良い。

クッションゴムは自作で

私は、かなり昔からクッションゴムは自作しています。

なぜか。

以前、市販品がファイト中に切れてしまったからです。

「逃げた魚は大きい」確かに逃げられた魚は大きかった、、、

地元で釣りをする場合、基本的にゴム径は2.0mmです。

糸ヨレは絶対に禁物なので、OWNER Wクレンサルカンを使ってます。

これは12号ですが、いつもは14号です。

糸ヨレを考えたら、#0のベアリングスイベルの方が良いかもしれない。

スナップはコレ。#2

使う工具類。

goot HOT-60R ホットナイフ 60W

先端のナイフを13mm幅の鋼板に変えてある。

厚さは0.6mm、長さは16mm。

多分、オルファのアートナイフの刃を削って作ったと思う。

このはんだごてじゃなくても、goot ナイロンロープカッターというのが良いかもしれない。

刃先を変えなくとも、刃幅12mmだから丁度良い。

なぜ13mmかというと、ペンチの掴む箇所が13mmだから。

それより大きい掴み長があれば、それに合わせると良い。

ペンチは100円ショップの物。

先が軟鉄で出来てるから削孔し易いため。

穴は2.0mm径。

2.5mmのゴム径までいける。3.0mm以上は3.0mmで削孔したものを使う。

こんな感じで銜える。

これで軽く開けて、1~2秒溶かして引き抜いてギュッと握る。

こて先の方でやるのがコツ。

溶かす時間は1~2秒。長すぎると径が細くなって、そこが弱くなる。

こんな感じで溶着する。

あとは、はみ出た部分と、余った長さを切る。

長手方向の切断面は、竹を切るように斜めに切るのが剥がれ辛いようだ。

私は、切断には喰切を使っている。

いつも作る長さは20cm。

セットは、こんな感じ。

【アドバイス】

よく「ちゃんとくっ着かない」と聞くが、それは丸まってるものを伸ばしてから作業するから。

「丸まった癖がついたまま」「伸ばさない」で作業すると、しっかり着く。

決して引っ張って伸ばさない!

袋から出したまま作業する!

ウキ遊動環 その2のその後

リグスベルの実釣インプレッション。

4時間ばかり釣りをしてきた。

とりあえず、全く問題はなかった。

ハンダ付けをしないで、スイベルのリング外れはないか心配だったが大丈夫だった。

カシメた部分は使用後でも、こんな感じで開いてはいない。

このカシメる部分(丸める部分)に、「ビード加工」を施して立体的にしているから強いみたいだ。

若干、カシメ過ぎくらいにしてある。

動きが悪くなるとメーカーは書いてるが、動きは重要ではないので、外れない方を優先した。

ビード加工という補強を入れて、ワンタッチで使えるように工夫をしてるのは流石。

セラミックリングだからカゴの沈降も早く、道糸の傷みもなかった。

あとは、ブレイドラインでのセラミックリングの耐久性がどうか。

また次の釣行で試してみよう。

ウキ遊動環 その2

こんな便利なものが出ていたんですね。2020年10月発売

富士工業 リグスベル フリーカシメタイプ LSM-NOR2.5/SN

これは、態々、高価な縛り式ガイドを買わないでもよくなる。

今回は、この3種アイテムで作ってみた。

ガイドの足を無加工で、ただカシメるだけだから、かなり簡単。

リグスベルのFujiセラミックリングがどうやって付いてるのか分からないので半田付けは止めた。

接着剤での固定だったら、半田付けの熱でリングが取れてしまうから。

富士工業より引用

手順は富士工業のサイトに書いてある。一応、手順を引用させてもらった。

https://www.fujitackle.com/plus/2020/09/rigusuberu01/

メーカーの適合ラインが8~20lb(PE0.6~2号)となっていたので検証してみた。

バリバスのトリビュート6号に通してみた。

これだけ余裕がある。

滑らせてみた感じもスムーズに動いた。問題なさそう。

ウキ遊動環1個当たりの単価もグッと安くなった。なんと、全部で229円!

KTガイドとマイクロハイパースピンスイベルのセットとの差、688円!!

今回のこのセットが実釣に現実的な金額かな。

ウキ遊動環

ウキ遊動環を新しく作った。

極小のボールベアリングスイベルを購入したので作ってみた。

オーナーばりから出ている「タフステン マイクロハイパースピン#000」というモノを使った。

http://www.owner.co.jp/search/1969/

驚くほど、かなり小さい。

↑上:今までのもの。下:今回のもの。

これでボールベアリング(BB)スイベルだってことだから、ビックリ!

今回は、この3種で作った。

左から、富士工業 ステンレスガイド KT、OWNER タフステン、NT フックドスナップ

これは、左が一般的なBBスイベルの#0。右が今回のモノ#000。

スイベルのサイズがかなり違う。

↑これが以前のBBスイベル#0を使ったもの。0.6g

↑これがタフステン マイクロハイパースピン#000を使ったもの。0.4g

少し軽くなった。

スナップは同じサイズ。

実釣の際には、こんな風にビニールチューブを適宜切って通して使う。

なぜこんなことをするのか?

リンクが3個所あるためか、ウキが動きすぎてハリス絡みが多々あるのと、

フックドスナップが偶に外れていて回収時にヒヤッとしたことがある。

↑このケミホタル専用チューブのサイズ37が丁度良い。

これらを解決するために、このビニールチューブを着けたら解消された。

絡みはなくなり、スナップが外れていてもチューブでカバーされているのでウキは外れない。

ただ一つ問題が、、、

それは、かなり高額になる点。

1セットでなんと税込917円!!

だが、ブレイドラインだけではなく、ナイロンラインでも劣化を防ぎ、仕掛けの沈降が早くなる。

BBスイベルを使うのは、海上を吹く風でウキが倒れないようにするため。

100m先のウキが倒れると、「入った!」とドキドキするから。

アイテム

R0017433

5年ほど前に自分のために作った便利アイテム。

7年ほど前に考えたんだが試行錯誤して2年後に完成。

使ってみたら、結構使えた。

最近は海に近くなったのに、なかなか釣りに行けない。

R0017435

ここだけは拘った。ナーリング。

なんとなく格好良いからではなく、滑らないように。

こんなの使ってると然もないけど、綺麗に作ろうとすると面倒。

久しぶりに使ったので更新するに当たり載せてみた。

たまに散歩がてら、釣況は見に行ったりしてるけど、

何か釣れてても、人の釣果だから申し訳なくて載せられない。。。

SUSウキ環

年末なので材料を整理してたら、3mmのSUSパイプが出てきた。

「おっ!こんなものあったんだ」と、早速、ウキ環を製作した。

このウキ環の重さは、0.8g。

以前からの物はと量ってみたら、同じ0.8g。

違いが無いなら、SUSの方が腐食も無くて良い。

少々(ほ~んのちょっとだけ)、切る加工が大変だけど、

恩恵の方が遥かに多いから、これからはSUSがイイかも。

はんだも乗るので錘を足すのも出来るし。

以下、余談。

今年は、色々と大きな事が起こった。

自分の事でも、人生初の骨折。しかも重傷。

親の事も大変だった。

来年は上向きの年になるとイイな~。

見ておられる方々も、来年は良い年でありますように。

新ダボウキ環

新しい重さのダボ利用ウキ環。

今回の物は、2.2gに仕上がった。前回に比べ、1.1g軽い。

号数にすると、0.6号になる。

前回の物は、少し重いかな~と思っていたので、丁度良いかも。

見た目の大きさの違い。結構違う。

スタイルもシュッとしていて、格好良い。

長さは、環込みで20mm。差し込み長さは、12mm位。

ソリッドに付けた感じ。イイ感じです。

ダボウキ環の材料。

ソリッド用の穴開けと環を付けなければならないが、

作るのが楽しい方へは、お勧めかも。

散在?

接着剤たちです。

釣具を製作するのには、結構、掛かりますね~。

エポキシなどには、軽く、数千円以上する物も多々あったりと。

GPクリヤーの缶入りは、最近作っているウキの貼り合わせに良い。

刷毛付きなので、スライスした物を中心の穴を利用して留めて、

サッと塗れて効率的。

大体が使い切る前に硬化して使用不可とか… 😥

シモリ玉か

「これって、似てるな~」と、見た目が似ていたので、

ちょっと購入してみました。キングシモリ玉にそっくりな玉。

穴の大きさは1mm無いくらい。

6号の道糸を擦ってみました。ザラザラにはなりませんでした。

滑り具合もイイ感じです。

大きさも6.3mmと、ほぼ同じ大きさです。

重さも同じ、0.6gでした。

これで、第一精工の物を探さなくても済みそうです。