カテゴリー: ロッド/竿

竿のリペアとリメイク

釣り仲間の磯竿をリペアとリメイクしました。

竿は、ダイワ 剛弓 紀州遠投 3-63T。

この竿は元々、ユーザーが自由にシート位置を動かせるように板シートで作ってあります。

↑ここが元の位置で、竿尻方向へ下げた後は、サラサラな仕上がりのウレタン塗装をした。

リールシートはあるモノを使った。

ソリッドブラックのウレタン塗装で仕上げた。クリアーは3層。

上下の飾りリングはネーバル黄銅で作った。

紀州遠投は竿尻のこの部分がラバーグリップチューブを巻いてある。

竿掛けがピトンを使ってるから、この部分に穴が開いていた。それを補修。

破損した物は取り去って、新たにグリップを接着固定(純正がそうなっている)して、

そのチューブの上下を純正同様にエポキシ樹脂で固定した。

ほぼ純正と同じ仕上がりになった。

この部分がいちばん手間暇が掛かった。

エポキシ樹脂は実用強度まで24時間掛かる。それを3層コートしているので最低3日。

完全乾燥は1週間。

今回は、なかなか大変だった。

タックルオフというロッドメイキングサービスの店があるが、今回の作業で工賃が安いと思った。

毎日やってるから腕も良いし、利用すべき。時間がかかるけど、、、

新竿

竿を新調した。

普通にBタイプを買えば良いんだろうが、この機種のBタイプは硬いので、フカセ用を改造した。

モノは「オレガ 剛徹 MH53-V」。

改造箇所は、リールシートを下げて、

シート自体とシートが元あった所をウレタン塗装し、ガイドを交換した。

下げる方法は割って下げるやり方。

↑リールシート背面

スクリューのレール溝に割った跡が残ってる。

まあ、自分で使う物だから、そこら辺はご愛敬。

ここはリールシートの上部だが、こだわってリングを旋削してこしらえた。

素材は、C4641(ネーバル黄銅)を使った。

A5056などにアルマイト処理をしたいところだが、この位のサイズでも1個4,000円掛かる。

上下2個で8,000円。送料込めれば1万円超。

それは高いので、ゴールドの素材でヨットなどで使われているネーバル黄銅を使った。

このC4641は耐海水腐食性に優れている素材らしい。

シートに元々使われているリング(写真では右の細い物)と色味が変わらないのは良かった。

この竿の純正ガイドは、#1、#2には「IMガイド」が付いている。

それでも良いのかもしれないが、やはり今まで使われてきた磯ガイドに交換した。

#4の移動ガイド1個を追加して、#5の口ガイドは無くリングだった為、そこに追加した。

今回作った仕様は、パーミング位置から竿尻までは36cm。

これは長さが5.3mなので、持ち重りが少なかったから短くした。

実際使ってみた感じでは、これにリールが付くので全く持ち重りは感じなかった。

投げた感じは、フカセ用でも、やはり剛徹、硬い。

私は4号竿には6.3mでも12号カゴが基本。

だが、この竿は12号では、投げて放物線の頂点の手前(上っていく途中)でパーマする。

なので、15号カゴがデフォルトな感じ。

おまけ。

↑この画像の様に、何故、竿が重くなるのに熱収縮チューブを巻くのか、、、

投擲時に、道糸がたわんで竿を叩き、爪が引っかかる程の傷が無数に出来るから。

「なんで?」と釣り仲間に聞かれたので。

久しぶりに

R0016900

久しぶりに、いつもの所へ。

仲間と約束してたんだが寝坊した。

釣り場に着いて、餌が溶けるまでは雑談。

そろそろかと第一投目。

「バキッ!」

久しぶりに聞きました。この嫌な音。

この日の使用竿は剛弓 紀州遠投 3-63。

それの3番でポッキリ。

使ったカゴは10号。

コマセはオキアミ主体にアミエビちょい足し。

で、第一投だからと軽く投げたんだが、折れてしまった。

R0016910

折れた個所を見ると、ほぼバッサリと分裂している。

長手方向の繊維がこんなにあっさりと切れてしまっている。

何か傷でも入っていたという結論。

SVFは樹脂が少ないから、こういう粘りの無い感じかもしれない。

出費が痛い。。。

剛徹改造

これまで、かなりの竿の改造をしてきました。

足もかなり動く様になってきましたので、

工房再開に伴い、体(足)の動きや感を取り戻す為と、

自分の剛徹を改造してなかったので、

それらを兼ねて、自分の竿をベースに作業をしてみました。

改造内容は、ノーマルリールシートを使って、位置を60mm下げ、

シートの向きを表側に向くように180度回転させた。

これは、6500CLをセットした感じです。

これは、いつものセットでブラックシープ300を付けたところ。

やはり、黒での統一は格好が良いですね。

この改造の作業は、エアブラシでの作業が主で、

その作業は座って出来る様にセッティングしてあるので、

足に負担が掛からずに無事に作業を終える事が出来ました。

もう少ししたら、旋盤も回してみるかな。。。

新竿

買ってしまいました。 🙁

BULL’s EYE Special 4-570 RP (ブルズアイSP 4-57 RP)

本来のスタイルは、

軽い竿で、かる~く、ビュ~ンと軽快に行きたいんですが、

なんとなく勢いで購入。 😮

3月に購入して、未だ実釣ナシ。親の事以外、外に出てないので。

箱から出して振ってみた感じは、先重みがする。

自重450gで穂先2.7mmなのでしょうがない。

で、6500CSクロームを付けて振ってみた。

意外だが、結構軽く感じる。これにはビックリ。 😯

軽いリールを付けたら、重く感じるかもしれない。

また、その内に試してみよう。

竿の改造

image2

これは、以前、釣り仲間の元へ出した改造した竿です。

自分の元へ戻ってきました。

釣り仲間へ、「使わないなら、譲り受けますよ」と、帰ってきました。

竿は、⇒ シマノ 磯 遠投 EV 3-620 PTS です。

R0010613

シマノには、3号の両軸用がラインナップに無い。

この竿に興味を持ったのは、この頃、4-520 RP などを両軸用に発売したので、

「じゃあ、3-620だったらいいんでないの。。。」と、手を出した次第です。

これまでに、色々と竿を使ってきましたが、この竿はかなり飛びました。

改造内容は、

磯ガイドへの変更、リールシートの位置下げ、それに伴う塗装。

ガイド数:15個 総重量:438gとなりました。

ノーマルが440gなので、磯ガイドにしたら、2g減りました。

R0010652

画像は436g。立てて撮ったので。。。

一番こだわったのは、リールシート。

image4

RPの様に逆付けにしました。

この竿の場合、元々のリールシートを割って下げるのは出来ない。

下げた時の予定箇所の径が、ノーマルシートの内径を超えている為。

このシートは、エポキシ樹脂で製作してあります。塗装を剥ぐと透明です。

製作は、結構な手間が掛りました。もうやりたくありません。

他には、スクリューフードナットにこだわった。

リールをセットした時、ねじ部分が見えるのは格好悪い。

富士工業製のこのサイズのフードナットは、格好良いのが無い。

なので作りました。

R0010643

R0010647

旋盤があるから出来た改造。

富士のパイプシートのねじは、角ネジの3.0mmピッチ。かなり特殊です。

切ってみましたが、上手くいきませんでした。もっと考察が必要です。

で、やったのは、フードナットの外周を削り、他の材質の物を被せるという方法。

高強度のエポキシ接着剤を使えばイケるだろうとやってみた。

今のところ、平気な様子だ。

今度、シマノから、⇒ BULL’S EYE SP 遠投 が出ますね。

スパイラルX構造が魅力的です。

だけど、最近の両軸遠投用は、み~んな、ヘビーウェイトだな~。

これじゃあ、若い衆しか無理だよ。。。ちょっと、考えようよ、メーカーさん。

竿の改造2

re0070

別の剛徹MS 4-53Vの改造を請けました。

頼まれた方は、前回と同じ方です。

今回は、外観をノーマルに近い形に仕上げました。

before002

↑ノーマル

after002

↑改造後

位置を、前回と同じく60mm下げてあります。

re0075

シートセンターから竿尻まで、36cmに仕上がってます。

re0071

元竿最下部の「OLEGA」も残してあります。

lame_large

ラメもノーマルに近い細かい物を探し回って、吹きました。

シートの背中を割る工法の場合、

今までは、光沢の塗装でフィニッシュしてました。

re0076

この様な状態です。

これはこれで良いかと思いますが、

剛徹は、この部分がマット塗装で仕上げてあります。

それで、よりノーマルに近い形に仕上げる為、マット塗装を施しました。

re0084

概ね、ノーマルの形になったと思います。

竿の改造

RIMG0008

オレガ剛徹 MS 4-53V の改造を依頼されました。

依頼内容は、元竿の表裏を返す事です。

この竿をカゴ釣りで使う場合、元竿が裏返ります。

両軸リールをセットして、竿を持った時、

「OLEGA」の文字が下を向いてしまいます。

スプラインも逆になります。

なので、両軸用に逆にし、持ち易い様に6cm程下げました。

掲載画像は、出来上がった物。

RIMG0053

「OLEGA」の文字がシートのセット部分と揃ってます。

シートの下げた違いは、以下の画像。

IMGP1292

↑これは、ノーマルの状態。

image1

↑これは、下げた状態。

「4-53 V」の文字からの離れた距離が分かると思います。

塗装もノーマルに近い様に施しました。

image

 

ノーマルの様にラメを吹いてあるのだが、上手く撮れない。

RIMG0068

ボケてますが、その様子が分かると思える画像です。

上手く出来ました。

 

追記:

シートの下がった状態をUP。

竿の改造依頼

image001

がまかつ がま磯 ヒラマサ 630 の改造を頼まれました。

依頼の内容は、

リールシートを下げ、元竿口にガイドを付ける。という事でした。

ノーマルのシートを利用したかったんですが、

がまかつの製法の構造上、無理でした。

その構造は、元竿がリールシートの下で継がれている。という物です。

その為、富士工業のシートを一部利用し、改造しました。

image004

色々と苦労しましたが、無事に完成しました。

元のシート部分には、接着剤などを取り去った後にウレタン塗装をし、

新たな握り部分には、グリップを樹脂丸棒から削り出して装着。

見た目も考え、装飾を施してあります。

普段、こういう事はやらない為、材料費が掛かってしまいましたが、

喜んで頂けたようで、ホッとしました。

私のポリシーとして、

なるべく、ノーマルに近い形に仕上げることを心掛けて製作してます。

カゴ竿

カゴタックル

カゴに使用している磯竿をUP。道具の使用竿から。

上の画像は、剛徹4-53+BlackSheep300 のセットです。

私は、グレーダーなどに使われているHVFカーボンでは柔らかく感じ、

投擲の際に怖い為、SVFカーボンの竿を使用しています。

掲載した竿は、すべてダイワ製。

「がまかつ」や「シマノ」も使用しましたが、

今のところ、落ち着いているのはダイワ製です。

振り抜いたフィーリングがシャープで、

投擲の際の曲がった感じがモワッとしていない所が良いです。