カテゴリー: リール

良し悪し

R0017027

作った純正改造ウォームシャフトがそんなに効果がなかったから、

BBクロスバーならどうなのかと思って購入して2度使用してみた。

1度目の使用後、いつも通りにメンテナンス。

いつもは、塩まみれでない限り、ブレーキクリーナーで済ます。

レベルワインドガード(外側のパイプ)内も、砂利や油を取る意味もあって吹く。

その後は、各所、注油する。

だが、2度目の使用後、開けてみてビックリ。写真の様な状態だった。

両側のベアリング共に錆々。

片方は取り換えが利くが、もう片方はギヤがカシメてある為に無理。

でも、いつもどおり無理矢理バラした。

R0017076

ギヤを取ってみて、またビックリ。

穴が、あからさまにズレてる。

だから、投げた時にやたらに音がしてたんだ。と、納得した。

投げる際、なんだかレベルワインドから音がするな~と、釣友と話してた。

ギヤの噛み合わせで鳴ることもあるから、何かな?と思ってたが。

R0017036-Edit

投げてて、レベルワインドが動かず片巻き状態になった。

どうしてかと色々見てると、シャフトの溝幅が違う。

BBクロスバーは広いせいで、パイロットガイド(爪)が端で外れて、

ラインキャリッジ(糸通し)が動かず、片巻き状態になるようだ。

R0017040-Edit-1

投げた時、始めはパイロットガイドが摩耗したのかと思って、

新品を入れて投げたが、やはり外れて片巻き状態になった。

R0017101-Edit

パイロットガイドは新旧で少し変わった。

抜く時の引っ掛ける溝が無くなった。かなり、メンテし辛い。

こう見ると、使った方の爪の長さはそんなに減ってない。

で、溝幅の違いを測ってみると。。。

R0017041

純正品の溝幅は0.86mm。

R0017052

BBクロスバーは1.05mm。

基本1mmほどの溝幅で差が0.2mmもある。

これでは、パイロットガイドが外れてしまうのも納得した。

結局、使えないので、純正品(#1134361)を購入。

元は#5205だけど、最近のモデル用のを装着した。

R0017107-Edit

それと、このレベルワインドガードを付けて投げてみた。

このレベルワインドガードはファクトリーチューンの物より大分安い。

ウォームシャフトの違いなのか、動きが良くなって音も減った。

#1134361は、#5205よりもパイロットガイドがスムーズに動く。

あれこれ購入する羽目になったが、結局、BBクロスバーが原因だった。

社外品は、チューンパーツがほとんどで面白いが、

その出来如何で、逆にトラブルの原因にもなってしまう。

ナイロン

130818_051709

ナイロンの使用感。

この日も暑く、午前中だけの釣行にする。

午前中だけでもパラソルは必須。9時頃には、ジリジリと焼き付けてくる。

釣り場は、ナイロンでどの位飛ぶか、ある程度知りたかったので離岸堤前。

miho_length_l

googlemapで測定すると、なんと、現在、約117mしかない。

以前は、三保離岸堤の距離 で、130m程あった。

大分、狭くなった。数値にして13mも短くなった。

以前、かなりの追い風の時に、離岸堤の左横を狙ったら超えたように見えたから、

昔の距離を覚えてたので、あれ~?130mって、こんなもんかな~?と、思ってた。

都合良くとらえて、なんだ、飛ぶようになったんじゃないの~。と、ニンマリしてた。

ガッカリ。。。そんな簡単に飛ばせないよな~。。。

28年やってて分かってるはずなのに。。。

で、ナイロンの使用感。

R0016589

投げた感じが決定的に違うのは、

PEは糸が伸びない。ナイロンは糸が伸びる。今更だが、強く感じた。

これは、投げるわずかな時間でもすごく感じる。

この伸びについて、投てきにかなり影響があると思う。

伸びて遅れるから、曲がるまでのタイムラグが発生する。

その分、曲げないとならない時間が長くなる。

そうすると、放出ポイントが遅れ、ライナーだったり、パーマに繋がる。

場所に制約がある場合は、尚更、投げ辛い。

ナイロンが良いか、PEが良いか、どうなんだろう。

長所短所で表を作ってみた。

  ナイロン PE
価格 安い 高い
耐久性 ある ない
投げ易さ 投げ易い 投げ辛い
強度 弱い 強い
摩擦強度 強い 弱い
 浮力  比重:1.14 沈む 比重:0.97  浮く

 

結果、

ナイロンは安く永く使える。PEは高く寿命が短い。

PEは、浜や堤防のような場所では良いが、磯場ではきつい。

PEは、投げる感覚は良いが、パーマが分かり辛い。

ナイロンは、投げる感覚は悪いが、パーマが分かり易い。

PEは、号数で見ると強い為、細く出来る。よって、飛ばし易い。

PEは、仕掛けが流れてる最中、竿に微振動が伝わってくる。その為、おもしろい。

PEは、浮いてる為、回収が軽く、ラインメンディングがやり易い。

こんなところかな。

何より、投げる感覚が、こんなにも違いがあるとは思わなかった。

今までの使用で一番良かったのは、FireLine XDS。でも、製造してない。

picture 003

PEは、今は、3号、4号共に、200m巻のあるパワープロが良いかな。

ガイドを擦る音が気になるけど。

ナイロンは、東レ 銀鱗ハイポジションフロート5号が使い易い。

R0016548

これ、6号まであれば良いのに。

スーパーストロングって謳ってるだけあって、強さもある。

R0016551

色も視認性が良い失透ピンク。

こんな感じかな。

道糸の使用感

R0016488

この前巻いたパワーエクストラ3.5号を使用した感想。

画像は使用前使用後の比較。

左が使用後。右が使用前。

今回、朝方から半日使用した。約8時間。

比較的、まじめに投げてたので、標準的な使用状態と思う。

感想は、

コーティングが無くなり、張りも無くなってしまった。

ウキの移動する場所は、画像の通りの状態。

SICのウキ遊動金具を使用して、この状況。

R0016537

色も落ちてしまった。この部分は指で潰すと繊維がほぐれてしまう。

この糸は、張りもコーティングも、耐久性が無い。

繊維がほぐれてしまうのもいただけない。

投げた感じはツルツルで竿先の叩きも無く良かった。

3.5号という太さも少し膨らみ加減だったが、OKだった。

でも、耐久性がダメだった。1度の釣行でこれは使えない。残念。

次は何を巻こうか。。。

R0016503

こんなものとか、

R0016506

こんなものをストックで持っているけど、

R0016511

初心に戻すべく、ナイロンを巻いてみた。

R0016512

この糸はフロートや強度の強い糸ではないが、

150mを確認して巻ける糸なので購入した。

磯WAXサスペンドというものも、巻容量が確認出来て、

強く、サスペンドの糸があるようだが、売ってなかった。

R0016525

で、巻いた状態の画像。5号150mでスプール目一杯。

150mあれば、まあ実釣では事足りるんではないかなと思う。

久しぶりにナイロンを使う。

投げた感覚がどんな感じだったか忘れてる。

新しい道糸

R0016321

使おうと思っていたPE、パワーエクストラ。

4号がラインナップに無いので3.5号。200m巻。

ナイロン6号で22lbだから、倍以上の強度46lb。

R0016327-Edit

見た目、触った感じはツルツルしている。

糸の張りはトレーサーブレードよりピンとしていて、ファイヤーライン寄り。

なかなか期待出来そうな作り。

R0016339

巻いてみたら、PEの0.5号分でもやはり糸巻量に違いが出る。

このリールで、ファイヤーラインの4号だと160m。

スプール抜けないまで巻いて170mがいっぱいいっぱいだった。

この3.5号だと175mでスプールが抜ける。

15mの差。この差は結構大きい。

これで耐久性があるなら、アプロードと同じくらいのコストだから、

コストを考えた選択をすると常用可能な糸になるかな。

道糸

R0016318

最近、巻き替えてみた道糸、トレーサーブレイド。

やたらと高額。これは、むか~し頂いた物。

それで、使用した感想だけど、

8本撚りだからか、すごくしなやか。

で、「芯円」と謳ってる通り、つぶれ辛い。

使用後に、ノギスで計ったら、場所場所で、0.2mm変わらない。

でも、カゴ釣りの道糸には使い辛い。ふけた時に分からなかった。

高額だし、ちょっと番度使うのは難しいかな。

NEW BUSH

久しぶりに投稿。

前々から構想を練っていたブッシュが形になった。

2BB仕様になっている。

今までの形とは、逆の形状。

形状の意味は、

ただ、回転性能を上げるだけではなく、

軸の回転を、よりコントロール出来るようになった。

コントロールは、従来通り、キャストコントロールキャップで行える。

軸と共に回転し、妨げず、ブレーキが設定した通りに効く。

現在、テスト中。

ブレーキブロック

今日は、ブレーキブロックの代替品を。

昔から、このロケットのブレーキブロックは壊れます。

酷い時には、購入して開けたら割れてた。なんてことも…

昔は流通が悪かった為、そんな時には困りました。

それで、代替品を探しました。

初めは、ウキの製作用の丸棒に付いている透明のパイプでした。

結構、硬度があり硬い為、ブレーキが効きにくい素材でした。

20年経った今は、色々と試して、面白い素材を使ってます。

これは、田宮模型のラジコン用アンテナパイプです。

静岡ならではの素材です。

長さもかなりある為、結構使いでがあります。

これを、3mmでカットして使用します。

こんな感じでカットします。

ノーマルのベークライト素材のブレーキブロック。

カラーアンテナパイプを3mmでカットした物。

大きさもイイ感じです。

効き目はノーマルとほとんど変わらなく効きます。

他に似ているブレーキ用素材は、石鯛の天秤用の黒いパイプです。

多分、同じ材質を使用して作られていると思います。

ABU 6500C Rocket Black

また、買ってしまいました。 😥

ある方が、剛徹に合わせるために購入されて、

そのマッチングされている画が格好良く、それを見て、

どうしても欲しくなってしまい、購入してしまいました。 😯

リールシートを下げた剛徹と6500C Rocket Black。

格好良いですね~。マッチングが流石です。

それで、足のリハビリと投げるリハビリを兼ねて、

ほんの束の間、近くの池で投げてみました。

結果は、かなり投げやすいリールでした。

で、ブレーキブロックの比較です。

比較した物は、左:ロケットブラック、右:CSロケット。

これは、6500C Rocket Black のブレーキブロック。

こちらは、6500CS Rocket のブレーキブロック。

ベークライト製のブロックの長さがブラックの方が短い。

なのに、CSロケットの方がバックラッシュしやすい。

CSロケットの方が各所が馴染んで、バックラッシュしやすいのか。

でも、まあ、購入は正解。

剛徹とのマッチングは、かなり、カッコイイ。

家内になんて言おうかな。。。

ABU Record 60HC

ABU Record 60HC を購入。

レコードなので、無くなってしまう前に買っておこうという事で。

この機種は、やはりレコードの名を冠するだけあり、

4ボールベアリング+2ローラーベアリングになってます。

HCはシングルハンドル仕様で自分には◎。

薄いブルーが格好良い。

お得意のレグロンを巻いてみました。

道具ばっかり。。。

6500CLハンドル改造2

昨日の続き。改造工程をアップ。

改造の為のパーツ群。

裏面を面一にする。皿ネジを用いる為、皿状に削孔する。

軸が回らない様にする為、嫌気性接着剤で固定する。

軸のみ、組み立ての画。

ノブを付けて完成。

この改造は、軸やノブなどのパーツを揃えてしまえば、

加工は皿ネジの削孔のみなので、プレートを一から作るより簡単です。