カテゴリー: カゴ

オール削り出しのカゴ

ポリカーボネートの無垢材から削り出したカゴ。

透明な材料を色々試して、「まあ、ポリカが1番壊れないかな」と、こうなった。

試した材料は、透明塩ビ、アクリルと試作した。

やはり、ポリカが1番強い。

価格も1番高い。

ハリス通しの切り欠きは、上カゴに入れない。

硬度が高いほど割れ易い。

紫外線などの環境により、生(しょう)が無くなると、必ず切り欠きがクラック発生の引き金になる。

なので、下カゴを手間を掛けて切り欠きを入れてある。

3箇所を切り欠いてある。

なぜか、、、

餌詰めの工程として、コマセを詰めて付け餌を入れる。上カゴを閉める。

いちいち切り欠きを探さなくとも、意識しなくとも、ただ閉めただけでハリスが躱る(かわる)。

写真が上手く撮れてないが、隙間がある。

ここにハリスが出てくる。チモトにビーズを付ければ、餌落ちしない。

なんでこんな物を作ったかだが、別に黒いカゴでも良いかもしれないが、

昨今の魚影の薄さから、何かないかなと想いを巡らせて考えて製作した。

かなりの期間(5年位)、釣友に手伝ってもらってフィールドテストをして、こんな形になった。

やはり、今までのABS樹脂とは違い、比重もあるから、同じように作ると重くなる。

ちゃんと条件に合ったグレードの材料を使うと、高額になる。

安いのは劣化で割れてしまう。

まあ、良い物は高いってことだな。

SUS錘 IRカゴ

以前、釣り仲間の鉄工場の社長から頂いたSUS錘でカゴを作った。

やはり重さは、籠釣工房のIRカゴで以前のバージョンの8号程度になった。

以前のバージョンでは、8号は50gが基本。

カゴは基本的に、海上で何号のウキで浮くのかで重さを表示してある。

IRカゴのプラ部分はABS樹脂。

ABS樹脂の比重は1.05で海水の比重は1.023。差引き0.027。

プラ部分の陸上での重さは22g前後。海の中だとウキへの負荷が約0.5g程度の換算。

なので、負荷はほぼ無いと言っていいから、錘の重さのみの表記になってる。

左:鋳造品。右:SUS304。

重さを重くしようとすると、錘の棒の部分がかなり長くなる。

SUS錘のIRカゴを作ろうかと思っていたが、下カゴの設計をやり直さないと無理だ。

う~~~む、、、

頂き物

錘を頂いた。いつもの仲間の鉄工場社長から。

材質はSUS304。

号数は8号。

↑左がいつも作ってる鋳造した8号。右が頂いたSUS304の8号。

こんなに大きさが変わる。

比重って、こんなに違うものなんだなと改めて感じた。

SUS錘の方は、社長はサッと作ったと言ってたが、流石職人!面取りが完璧。

↑軸を入れる穴部分。

2段になってる。なんでか考えてみた。

はんだ付けが強固になるためかな、、、今度聞いてみよう。

削孔ひとつとっても、考えて作ってる。

たかが錘、されど錘。

良い物を頂いた。ありがとう。

パラパラカゴ

パラパラカゴ

釣友に注文され2種類製作。

上カゴのロケットカゴ小には大きな開口部の物が無かったが、最近?出たようだ。

釣具問屋アマノの自社製品らしい。

だが、カゴには「UNNO」と入ってる。

OEMかな?

もう一つはロングタイプ。

こちらは以前から売っている。大きなエサ入れ開口部がある。

錘はこんな感じでIRと同じ。

下カゴ部分はABS樹脂からの削り出し。

内部は付け餌のエアスペースになっている。

ABS樹脂は海水よりも若干比重があるので、空気抜きの穴のみ。

市販品でも、こういうカゴを売ってるが、すぐに下カゴ部分が壊れる。

そこで工夫。

↑この写真の様に段差を付ける。

半球体の端部を落とした。

そうすると、下カゴがここで止まり、広がらないので壊れない。

市販のこの類の物は、こういう細かな加工をしていない。

以前、製作した物は、ハリススリットを入れたりしたが壊れるので止めた。

一番上の画像の物は29g。

下のロングは59g。IR10号とほぼ同じ。

餌の容量の関係で軽くした。

このパラパラカゴ、中々難しかった。

ロケットカゴを何個かダメにした。。。

久しぶりの投稿。

新カゴ

_IMG0437-Edit

新しいカゴを製作した。

少し長めになってしまった。

長くなると投げ損じた際に、カゴが横を向いてしまうことがある。

昔作ってたカゴはセンターの心棒が細くて、そんな着水で曲がった。

まだテスト前なので、どんな塩梅なのか分からない。

_IMG0429

穴は上部に縦穴のみ。

ドバっと撒ける用かなあ?

これは、構想はかな~り前からあった。

現在の形状のカゴでもなんら問題が無かったから、急いて作る必要はなかった。

だが、些細なトラブルも100%無くしたいという想いで作った。

その内、後輩か友人にテストしてもらおう。

上手くいくかなあ。。。

手直し

R0016345

カゴを手直しした。

ダイワの「ジェットカゴ遠投S」の下錘が円盤型で抵抗あり過ぎ。

で、精密なヤマシタ用の下カゴを頂いてあったので、それを利用することに。

R0016342-Edit-2

ヤマシタの上カゴの口の直径は36mm。ダイワは34mm。

それに合わせて製作してあるので、ダイワのには大きい。

普通はオスの方を削るんだろうけど、もったいないので上カゴを中繰り。

R0016354

少々大きめにして、突起も落として完成。

R0016376-Edit

ナツメ7号錘と8号錘で製作してみた。

R0016368

7号錘が58gで自分基準だと約10号カゴ。

R0016362

8号錘の方が61gで12号カゴ。

で、仕上がった。

3号竿で向かい風用に7号錘10号カゴを使えそう。

4号竿では、どちらも常用出来そうだ。

頂きもの

R0015980

以前、知り合いになった方に頂いたもの。

以前、紹介したかも。

ヤマシタの遠投シャトルS用の下カゴ部分。

MCを使って無垢材から切削してある。

R0015989

上側は平になっている。

ヤマシタの上カゴは中に心棒のブレ止めのパイプが入ってるので、

平でも回収時にちゃんと閉まって、抵抗にならない。

R0015985

最近は3号竿ばかり使ってるから、重くて使わなくなった。

R0016008

そして、このカゴの特徴が、ナツメ錘を使う点。

収まった時の水中でも、飛行中でも抵抗が少ないようだ。

また、ノーマルに比べて、沈下時の抵抗を多くとるために、

四方に抵抗用兼水抜き用の穴が開けてある。

MCで削ってあるから、寸分の狂いもなく、

沈下時に着底まで曲がって落ちていくこともない。

手作業で製作した物は職人でもない限り、寸法が違っている。

些細なことと思っても、水の抵抗の影響はかなりある。

他には、穴の端面が半球型になっているので安定した抵抗が掛かる。

R0015992

8号でこの重さになってしまう。3号竿では、とても危険な重さ。

この下カゴはかなり熟考したんではないかな~と思う。

如何に確実に着底させ、抵抗を排除し、抵抗を掛け、

トラブルが少なくなるように考えてある。

凄いです。

貴重なもの、ありがとうございました。

削り初め

2012年の製作スタートはステンレスの削りから。

パイプ材の長さの揃えと端面のフィニッシュや中繰りなど。

このステンレスの削りの作業、結構、怖い。

手の平、指など、あっちこっちに削り屑が刺さってる。

ルーペで見ないと分からない程、小さな屑の刺もある。

それが、たまらなく痛い。

以前、釣友の鉄工所の社長、旋盤作業を教えて頂いた方が、

工場の机の上にルーペと毛抜きが置いてあって、

「こんなもの、何に使うんですか?」と聞いたことがあった。

社長さんは、「今にわかるよ」と言ってたっけ。

金属加工を始めてやっと分かりました。必須です。 😯

遠投カゴ 2

Exif_JPEG_PICTURE

現在は「IRカゴ」を製作しています。
傷が入ってしまった素材で、遠投用カゴを製作してみました。
今回は、⇒ 前回より細身になるように仕上げてみた。
Exif_JPEG_PICTURE
これは、82gに仕上げた物。
自分は「IRカゴ」で10号~12号を使用しているので、
その重さが、概ね、53g~63g位。
で、コマセ(30g位)を入れての換算で、82gに出来上がった。
Exif_JPEG_PICTURE
こっちは、87gに仕上がった物。
側は、ほぼ同じ寸法にし、錘の重さだけ違う仕様に製作。
こちらは、少し重めの設定にした。
この手の製作は、ほぼ手削りにて外側を仕上げるのだが、
「これはどうだろう」と購入してみた道具を試してみたところ、
削れる感じと進み具合が良かったので、散在したと思わずに済んだ。
R00140602
中蓋は、無垢材からの削り出し。
外側もそうだが、無垢材からの削り出しの方が楽に出来る。
パーツを組み合わせるのは、結構、大変だ。
組み合うパーツのクリアランスを考えたりしないとならない。
そう考えると、
市販されているプラモデルは優秀な工業製品だ。スゴイな~。

新しいカゴ

新しいカゴを作った。

大きさは、径が34mm。長さは胴長がIRとほぼ同じにしてある。

下部はステンレス管の厚さを考慮して選択。

上部はイレクターを使用した。

以前に製作した物は、この部分は硬線で編んで作った。

地元の爺さまが、だいぶ前(10年位前)に見せてくれていたが、

その見せてもらった時には、接合部分に不安があるとかで、

イレクター部分にぐるっと細かな穴を開けて、

極細いステンレス線で編んで、縫い合わせる様に接合していた。

それでは手間だと思い、イレクターは使わずに、

昔ながらに網目を編み込んで作っていた。

で、今回は、何度か破壊テストをして、

強度面で大丈夫そうなので、お披露目してみた。

これは10号。大体、54g近辺で出来上がり。

こちらは12号。64g近辺で出来上がり。

この素材(ステンレスパイプ)を使用した場合、

これ以上の重さは、バランスが悪くなり、難しい。

重い場合は、横を向いて沈降する傾向が強くなる。

もっと重くするには厚みを増す必要があるようだ。

軽い場合は、餌の量が減ってしまうが、製作可能。

綺麗に出来上がった。