夜釣り用ウキ

夜釣り用のウキが完成した。

これは中間型。風対策に製作。

これは玉型。

誘いが生きる様に製作。夜は投げっぱなしだから効くだろう。

両方とも、標準負荷は12号に合わせた。

中間型、点灯状態。22cdの赤色LEDは明るい。

玉型、点灯状態。20cdの黄色LEDで差が無いはずだが少々暗い。

波長の所為か、色の感覚か、暗く感じる。

LED部分の製作は、パイプ全体が出来るだけ光る様に色々と試した。

ダイヤカットのビーズ2種、イカ角、細いパールトップ管など。

ダイヤカットビーズは多方向に照射するようになるが、

何個も重ねると、光量が減ってしまい2個が許容限界。

ひねりの入ったイカ角、泡入り。

これは、拡散もしなければ、暗くなるので却下。

で、他に何かないかと考え、細いパールトップ管を着けてみた。

結果、これが一番明るくなるように感じた。

その為のパイプなんだから、当たり前か。

2重になって暗くなるかと思ったが、逆に明るくなる様に感じた。

ウキ作りは、本体を削るのは結構慣れた。

簡単に形になるのが面白い。これはハマる。

Comments

  1. 安楽釣好サン

    メール確認できました。
    ありがとう、ございました。
    非常に昔から、サイト見させていただいてます。
    特に竿のことです。
    実は、5.3m、4号で、
    空カゴ 60g、 餌 30g、 浮9gぐらいを考えているのですが、どうもいいのが出てきません。

    そうしたところ、オレガ 剛徹 4-53 MS-Vも考えましたが
    これだと、負荷をかけすぎですか?

    感覚的ですが、ガマRXRスピニング4号遠投を両軸改造
    が、なんとなくぴったりと感じますが、リールシートを
    移動したり、ガイドを増やす技量がないもので、躊躇しています。

    ダイワで、グレーダの4号、5.3mがもう少し竿先が太く、
    たとえば、2mm程度になってくれるといいのですが。

    なにか、アドバイスあったら、教えてください。

    1. hijiさん、こんばんわ。
      hijiさんはガタイはどうなんでしょうか?
      ガタイがよく、腕力に自信がお有りなら、10号が適合かと思います。
      今の自分もそうですが、釣友の細い方も、剛徹には12号を使ってます。
      しかも自分のウキは12gくらい重さが有ります。
      コマセは、アミエビ主体に集魚材をガッチリ混ぜてますので、概ね30gくらいだと思います。
      なので、hijiさんが標準な方だったら、剛徹の4号でOKなんではないでしょうか。

      ガマの竿のリールシートの改造は大変です。
      元竿の造りが違い、リールシートを外すとそこで継いであり、径が違って、段が付いてます。

      グレーダーは、6.3mだと背負うと思います。
      穂先を詰めるという方法があると思いますが、
      その場合、新しく穂先の部分(#1)を購入してからをお勧めします。
      では。

Comments are closed